ブログ | 大阪市北区の慢性腰痛整体院優希【南森町駅】 https://seitaiin-yuki.com 大阪市北区の慢性腰痛専門の整体院優希です。どこに行ってもよくならない腰痛でお悩みのあなた。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛と診断されても諦める必要はありません。病院や整骨院に通っても治らないあなたの腰痛の根本原因を突き詰めてまいります。大阪市営地下鉄南森町駅から徒歩30秒、JR東西線大阪天満宮駅から徒歩1分と通いやすい立地にあります。 Fri, 24 May 2019 01:53:30 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.2.1 https://i2.wp.com/seitaiin-yuki.com/wp-content/uploads/2018/06/4495bed8051fcc9fd4ac4bababda36e3.jpg?fit=32%2C32&ssl=1 ページが見つかりませんでした – 大阪市北区の慢性腰痛専門 整体院「優希」 | 南森町駅徒歩30秒 https://seitaiin-yuki.com 32 32 145665262 あなたの腰痛は仙腸関節が原因かも https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-sacroiliac-joint/ https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-sacroiliac-joint/#respond Fri, 24 May 2019 01:53:19 +0000 https://seitaiin-yuki.com/?p=707
大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。


今日も、腰痛のお話です。


前回までは内臓のお話をしましたが、今回はまた別の箇所をご紹介します。


今日は、「関節」をご紹介したいと思います。

骨盤です。


で、その関節とは、これです。


仙腸関節(せんちょうかんせつ、赤いところ)です。


腰痛についてよくお調べされている方なら、ひょっとするとご存知の方もいらっしゃるかもしれません。


この仙腸関節は、数ミリ単位で動く、という風にいわれています(動かないと言う意見もあるようです)。


加齢やなんらの原因で、仙腸関節が黄色の矢印の方向へ動くとされています。


その関節のズレが原因が腰痛が起こることがあります。


当院で行う仙腸関節の調整はいたってシンプルで、黄色の矢印と逆の方向へ仙腸関節を動かしていく、という手法をとります。


痛みを伴うこともありません。


では、どのような方が仙腸関節が原因で腰痛になっているのか、というのは、検査をしてみないことには分かりません。


やみくもに仙腸関節を調整するのではなく、検査によってそこが原因であるという予測をつけてから調整を行います。


むやみやたらに調整しても、お身体への負担が増すだけだからです。


ですので、きちんと検査をした上で、調整を行っていきます。


腰痛のお悩みの方は、一度当院へご相談下さい。


============================

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: https://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

============================


]]>
https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-sacroiliac-joint/feed/ 0 707
肝臓が腰痛の原因になりうる https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-liver/ https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-liver/#respond Fri, 10 May 2019 02:00:46 +0000 https://seitaiin-yuki.com/?p=692


大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。


今日も、腰痛のお話です。


前回、腰痛の原因になりえる箇所として、腎臓をご紹介しました。

腎臓


今日は、また別の臓器を紹介したいと思います。


それは、


肝臓です。


肝臓は、右側の肋骨の下部にあり、臓器の中でも一番大きな臓器です。


成人男性で、約1kg~1.5kgあるといわれています。


肝臓の働きとして大きなものは、①胆汁をつくる、②解毒、③栄養素の貯蔵、です。


よくご存じなのが、お酒を飲むとアルコール分解するのがこの肝臓の解毒作用ですね。


また、消化に必要な胆汁を生成していることから、飲み過ぎ以外にも食べ過ぎるとより多くの胆汁をつくることになります。


肝臓が病気になっているという状態でなくても、肝臓の働きが忙しくなり、肝臓が疲れてくると、硬くなったり、重くなったりします。


上をご覧になって分かる通り、肝臓は薄っぺらではなく、肋骨の後部にまで広がる分厚い臓器です。


ですから、腰にある筋肉とも近くにあるため、肝臓が疲れて硬くなったりすると、腰にあるまわりの筋肉も引っ張られて同時に硬くなったりします。


その引っ張られた筋肉の硬さのせいで腰痛が起こる、ということがあるのです。


肝臓が体の右側にあるため、腰痛でも右の腰だけが痛い、という人で、筋肉が原因ではない人で、特にお酒をよく飲んだり、暴食される方はこの肝臓が腰痛の原因になっていることを一度疑うべきです。


にわかに信じがたいかもしれませんが、こういった肝臓が原因で腰痛になることも多くあります。


こういう場合は、肝臓の治療をする必要がありますが、何も病院に行って手術を受ける、というわけではありません。


徒手療法で肝臓の硬さを緩めていくことができます。


そうして肝臓をゆるめていくことで、周りの筋肉の緊張が解け、腰痛がなくなる、ということです。


特に、常に痛いわけではないけど、夜だけ、朝だけなど、ある時間帯だけ痛むというケースに内臓が関わっているケースが多くあります。


以上を読んで、「自分に当てはまる」と感じられた場合、一度当院にご相談下さい。

============================

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: https://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

============================





]]>
https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-liver/feed/ 0 692
腰痛の原因が腎臓にある https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-kidney/ https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-kidney/#respond Fri, 26 Apr 2019 02:27:55 +0000 https://seitaiin-yuki.com/?p=673
大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。


今日も、腰痛のお話です。


前回、腰痛の原因になりえる箇所として、内臓とご紹介しました。


今日は、その中でもある臓器を紹介したいと思います。


それは、


腎臓です。


腎臓は、拳くらいの大きさで、肋骨の下部あたりに左右2つある臓器です。


腎臓が病気になっているという状態でなくても、腎臓が疲れてくると、硬くなったり、重くなったりします。


腎臓のすぐ後ろには、大腰筋(だいようきん)という腰痛とかかわりの深い筋肉があります。


腎臓が疲れて硬くなったりすると、この大腰筋をはじめ、まわりの筋肉も引っ張られて同時に硬くなったりします。


その大腰筋の硬さのせいで腰痛が起こる、ということがあるのです。


にわかに信じがたいかもしれませんが、こういった腎臓が原因で腰痛になることも多くあります。


こういう場合は、腎臓の治療をする必要がありますが、何も病院に行って手術を受ける、というわけではありません。


徒手療法で腎臓の硬さを緩めていくことができます。


そうして腎臓をゆるめていくことで、周りの筋肉の緊張が解け、腰痛がなくなる、ということです。


特に、常に痛いわけではないけど、夜だけ、朝だけなど、ある時間帯だけ痛むというケースに内臓が関わっているケースが多くあります。


次回は、また別の臓器をご紹介していきたいと思います。


============================

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: https://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

============================


]]>
https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-kidney/feed/ 0 673
腰痛の原因がまさかの内臓 https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-organ/ https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-organ/#respond Fri, 19 Apr 2019 01:48:20 +0000 https://seitaiin-yuki.com/?p=668
大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。


今日も、腰痛のお話です。


今日も腰痛の原因になりえる箇所を一つご紹介したいと思いますが、少し意外に思われる箇所です。


それは、


内臓です。



「内臓って?」


と思われるかもしれません。


内臓もまわりの筋肉とつながりがあります。


「内臓」というと、「それは内臓が病気ってこと?」と思うかもしれませんが、特に、内臓に病気などの疾患があるというわけではありません。


内臓もよく使うことがあると、疲れます。


疲れてくると、硬くなったり、重くなったりします。


硬くなったり、重くなったりしてくると、内臓のまわりにある筋肉も緊張して硬くなったり、引っ張られてたりします。


そうしてできた筋肉の硬さのせいで腰痛が起こる、ということがあるのです。


にわかに信じがたいかもしれませんが、内臓が原因で腰痛になることも多くあります。


特に、常に痛いわけではないけど、夜だけ、朝だけなど、ある時間帯だけ痛むというケースに内臓が関わっているケースが多くあります。


次回は、具体的にどの内臓が関わっているかをご紹介していきたいと思います。


============================

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: https://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

============================



]]>
https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-organ/feed/ 0 668
腰痛の原因にふくらはぎ https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-calf/ https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-calf/#respond Fri, 12 Apr 2019 01:52:02 +0000 https://seitaiin-yuki.com/?p=622
大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。


今日も、腰痛のお話です。


今日も腰痛の原因になりえる箇所を一つご紹介したいと思います。


それは、


ふくらはぎです。


ふくらはぎと腰の筋肉もつながりがあります。


ふくらはぎが硬くなることで、腰にある筋肉群を下に引っ張るようになり、腰がしんどい、痛いということにつながることがあります。


仕事で立っていることが多い、よく歩く、走るなどをする方は、特に、ふくらはぎの筋肉が硬くなりやすいです。


「ふくらはぎもしんどいし、腰も痛い」という方は、腰痛の原因がふくらはぎにあることを疑ってみる必要があります。


腰痛の原因は患部の腰にはなく、他の箇所が原因になっていることがほとんどです。

その原因箇所を見極められないと、痛みの改善には至りません。


腰痛でお悩みの方は、一度お気軽にご相談下さい。


============================

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: https://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

============================



]]>
https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-calf/feed/ 0 622
腰痛の原因がまさか腕にあるとは! https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-arms/ https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-arms/#respond Fri, 05 Apr 2019 01:57:49 +0000 https://seitaiin-yuki.com/?p=607
大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。


今日も、腰痛のお話です。


「腰痛は腰に原因はない」ということを、再三申し上げてきましたが、今回も腰痛の原因箇所を一つご紹介したいと思います。


「こんなところも!?」と思うようなところです。


それは、



そうです、腕です。


「腕と腰痛なんてなんの関係があるの!?」


と、思われると思いますが、それが関係があるのです。

パソコンやその他、美容師さんなど腕や手をよく使うお仕事の方は、特に、青くなっている部分の筋肉が硬くなりやすいです。


手や腕の筋肉は、首や肩の筋肉とつながりが強くあります。


そのため、手や腕の筋肉の疲れは、首こりや肩こりの原因にもなりやすく、首、肩への連携を介し、結果的に腰痛の原因にもなりえるのです。


もちろん、全員が全員、手や腕が腰痛の原因になっているわけではありません。


また、「前に比べてだいぶん腰痛が楽になってきたけど、まだ少し痛い」という、少しの原因にもなりえる箇所です。


痛みはどこか一箇所の原因から引き起こされているケースは稀で、原因の大部分、原因の中部分、原因の小部分、のように、原因となる箇所もその度合いで分かれていることが多くあります。


痛みの主原因ではないけれど、痛みの2割くらいの原因に関与している、ということが、この手や腕にあることもあるのです。

腰痛の方で、「手や腕がメッチャ疲れてしんどい」という方は、こういうところも痛みの原因として疑っていくべき箇所になります。

============================

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: https://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

============================

]]>
https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-arms/feed/ 0 607
腰痛の原因が肩甲骨にある!? https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-scapula/ https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-scapula/#respond Fri, 29 Mar 2019 02:54:16 +0000 https://seitaiin-yuki.com/?p=596
大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。


今日も、腰痛のお話です。


腰が痛くなると、腰をどうにかしようとする、ということを考えられると思いますが、ここでは何度もお伝えしている通り、腰痛は腰に原因がないことが多くあります。

今日は、また別の個所をご紹介します。

青くなっている部分、肩甲骨です。


「えっ、腰が痛いのに、なんで肩甲骨?」

と思われると思います。


骨盤は下半身の土台でありますが、肩甲骨は上半身の土台となる部分です。


体を横にひねる動きを例にしても、体を横にひねるのは何も腰だけを回してひねっているわけではありません。


言うなれば、腰も動いているし、膝も動いています。そして上半身も同じように左右に動かさないと体は横にひねることができません。


試しに、上半身を動かさずにまっすぐにしたまま、体を横にひねってみて下さい。


できなくはないですが、普段体を横にひねるときにそんな動きをしているでしょうか。


体を横にひねる動き一つとっても、なんとなく腰だけを使って動かしていると思う動きも、体全体を使って動かしているんだなということがわかると思います。


つまり、ひどい肩こりをお持ちの方などで、肩甲骨の動きが非常に硬い人がいますが、そのような人は、体全体を使って動かす動作でも上半身の動きが悪くなります。


するとどうなるかというと、上半身の動きが悪い分、体のほかの部分で上半身の動きの悪さをカバーしようとします。


つまり、体のほかの部分が上半身の動きが悪い分、がんばっていつもより動こうとします。


それが腰であったりするのです。


肩甲骨の動きが硬く、上半身の動きが悪いので、腰ががんばって動き、がんばることで余計にしんどくなり、それが痛みにつながる、ということです。


このとき、腰が痛いからといっても腰を揉んでもどうにもなりません。


やるべきことは肩甲骨の硬さを取り除き、上半身の動きをよくしてあげるということが必要なのです。


腰も痛くて、肩こりもひどい、という方は、この肩甲骨が原因かもしれないということを疑った方がいいかと思います。


============================

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: https://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

============================



]]>
https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-scapula/feed/ 0 596
実は腰痛の原因は背筋にあるかも https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-kouhaikin/ https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-kouhaikin/#respond Fri, 08 Mar 2019 02:54:52 +0000 http://seitaiin-yuki.com/?p=575


大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。


今日は、腰痛のお話です。


多くの腰痛の原因となる部分、筋肉は、主にお尻、股関節、首にありますが、それだけではなく他にもさまざまあります。


今日はまた別の筋肉をご紹介いたします。


それは、


広背筋という筋肉です(青くなっている部分)。


一般的には、「背筋」といわれている筋肉ですね。



よく水泳選手の背中が逆三角形になっているには、この筋肉が発達しているからです。


この広背筋は、背中だけではなく、骨盤の上の腰から背中を通り、肩甲骨をかすめて、最後に腕の骨の前側につく、かなり大きな筋肉です。


この広背筋が腰痛の原因になっていることも結構あります。


ご覧の通り、大きな筋肉であり、この筋肉をゆるめるには腰を押していてもゆるまりません。


広背筋が疲労する動作や特徴は、重いものをよくもつ、車の運転、パソコン作業、猫背気味の人などです。


腰痛の人で、上記に該当する人はこの広背筋が腰痛の原因になっているかもしれません。


「私かも」と思われる方は、お気軽に一度ご相談下さい。


============================

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: http://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

============================



]]>
https://seitaiin-yuki.com/lowerback-pain-kouhaikin/feed/ 0 575
坐骨神経痛の治療ポイントその3 https://seitaiin-yuki.com/sciatica-treatment3/ https://seitaiin-yuki.com/sciatica-treatment3/#respond Fri, 01 Mar 2019 02:07:19 +0000 http://seitaiin-yuki.com/?p=464


大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。

今日も、坐骨神経痛についてお伝えしてまいります。 

今日も前回の続きで坐骨神経痛の治療のポイントについてお伝えします。

前回お伝えしたのは、体の前側にある股関節まわりの筋肉をお伝えしましたが、今回はまた別の個所をご紹介します。


それは、

首です。


「坐骨神経痛に首!?」


ときっと思われるでしょうが、もちろんすべての人ではありませんが首がかかわっていることが多くあります。



よく考えてみてください。


「背骨」といわれている部分は、首から腰まで骨が連なり、1本でできています。


首が硬くなることによって、背骨全体を動かすには、腰がより動こうとがんばります。


つまり、首が硬いことで、腰の負担が大きくなる、ということが起こります。


首が硬い → 腰の負担が大きい → 痛みや痺れが起こる


ということが起きているケースがあります。


この場合ですと、痛みや痺れの根本的な原因は首にあるということになりますので、首を治療しないことでは痛みや痺れは軽減されないですし、逆に首を治療することによって、痛みや痺れが軽減されるということになります。


首に原因がある方は、やはり肩こりがひどいということが多いです。


首や肩がガチガチになっていて、かつ坐骨神経痛があられる方は首に原因があるという疑いがあります。


首の筋肉の中でも特にこの筋肉が原因であることが多くあります。

首の少し奥にあって、青くなっている部分ですが、斜角筋です。




当院は慢性腰痛専門ですが、腰痛の方は坐骨神経痛も併発されているケースが多々ありますので、併せて診させていただいております。

坐骨神経痛のシビレでお悩みの方は、一度お問い合わせいただきご相談下さい。

============================

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: http://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

============================



]]>
https://seitaiin-yuki.com/sciatica-treatment3/feed/ 0 464
坐骨神経痛の治療ポイントその2 https://seitaiin-yuki.com/sciatica-treatment2/ https://seitaiin-yuki.com/sciatica-treatment2/#respond Fri, 22 Feb 2019 02:23:58 +0000 http://seitaiin-yuki.com/?p=459
大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。

今日も、坐骨神経痛についてお伝えしてまいります。 

今日も前回の続きで坐骨神経痛の治療のポイントについてお伝えします。

前回お伝えしたのは、お尻の筋肉でしたが、今回は体の前側にある筋肉です。


腰の骨の横から太ももの骨の先に付いている筋肉、大腰筋(だいようきん)です。

この大腰筋は腰痛の原因にもなっていることが多いのですが、坐骨神経痛のシビレや痛みの原因になっていることが多々あります。

日頃、お仕事でデスクワークが多く、座っている時間が長い人は、股関節を曲げている時間が長いということにあり、この大腰筋が短くなり硬くなっています。


ですので、この大腰筋をゆるめることで、お尻まわりや脚まわりのシビレや痛みが軽減することが多くあります。


もちろん、すべての人が大腰筋が原因というわけではありませんが、それは検査をして大腰筋があてはまれば大腰筋を治療していくということになります。



当院は慢性腰痛専門ですが、腰痛の方は坐骨神経痛も併発されているケースが多々ありますので、併せて診させていただいております。

坐骨神経痛のシビレでお悩みの方は、一度お問い合わせいただきご相談下さい。

============================

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: http://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

============================

]]>
https://seitaiin-yuki.com/sciatica-treatment2/feed/ 0 459