大阪で腰痛でお悩みの方は整体院「優希」へご相談下さい。

<所在地>大阪府大阪市北区天神橋2-3-10 607号
<営業時間>10:00〜22:00 <定休日>不定休
こちらまでお電話下さい!
電話080-8525-5010
営業時間:10:00〜22:00
どこに行っても治らない、そんな慢性腰痛で長年お困りのあなたへ
腰痛の根本原因を見つけ出し、痛みのない生活を取り戻しませんか?

完全
予約制

南森町駅
徒歩30秒

慢性腰痛
専門

腰椎椎間板ヘルニアと姿勢の関係

大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。

 

前回、腰椎椎間板ヘルニアのお話をしましたが、今日もその続きをしてまいります。

 

今日は、椎間板ヘルニアと姿勢の関係についてお話しします。

 

 

これは、横から見た人の背骨です。

 

よく見ると背骨は、まっすぐ一直線になっているわけではなく、軽い曲線を描いているのがわかると思います。

 

これが正常な位置で、下図の青くなっている部分の椎間板にもバランスよく体重がかかります。

 

 

 

 

 

しかし、長時間のデスクワークや車の運転によって猫背がちな人は、曲線を描いた背骨がまん丸くなっていきます。

 

そうなると先ほどの椎間板も、より前側に体重がかかることになり、椎間板が後ろ方向に押し出されるということが起こってきます。

 

 

「特に変わったことはしていないけど、ヘルニアになった」という方の中には、普段あまり意識することなく続けられている姿勢が原因でヘルニアになっているケースが多々あるのです。

 

 

脊柱管狭窄症は60代以降の高齢の方に多いのに対し、このヘルニアは、私も17歳でなりましたが、一般的に20~40代の方に多くいらっしゃいます。

 

これから何回かに分けて、ヘルニアについてご説明していこうと思います。

 

病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断された場合でも、症状が改善するケースが多々ありますので、ヘルニアでお悩みの方は、諦めることなく、お気軽に一度ご相談下さい。

 

============================

 

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

 

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: https://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

 

============================

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

TOP