大阪で腰痛でお悩みの方は整体院「優希」へご相談下さい。

<所在地>大阪府大阪市北区天神橋2-3-10 607号
<営業時間>10:00〜22:00 <定休日>不定休
こちらまでお電話下さい!
電話080-8525-5010
営業時間:10:00〜22:00
どこに行っても治らない、そんな慢性腰痛で長年お困りのあなたへ
腰痛の根本原因を見つけ出し、痛みのない生活を取り戻しませんか?

完全
予約制

南森町駅
徒歩30秒

慢性腰痛
専門

脊柱管狭窄症になっている人の特徴

大阪市北区の慢性腰痛整体院、整体院優希(ゆうき)、院長の豊川です。

 

 

今日も、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)のお話をします。

 

前回は、脊柱管狭窄症の症状の特徴についてお話ししました。

 

立ったり体を後ろに反らすと痛みが出るけど、座ったり体を前かがみにして丸くしていると痛みがマシになる、ということが多いと思います。

 

今回は、その理由について書いていきます。

 

その理由は、腰椎の前弯です。

 

 

腰椎とは、つまり、背骨の腰部分のことです。

 

前弯とは、前に出るという意味です。

 

背骨は、まっすぐピンッとなっているわけではなく、横から見ると、なめらかにS字に弯曲しています(画像の左側)。

 

一方、脊柱管狭窄症の方の特徴として、この腰部分の腰椎の弯曲が前に出過ぎる傾向があります。

 

立ったり体を反らすとしんどくなり、座ったり体を前にかがませると楽になるのは、腰椎が前に出過ぎていることが原因なのです。

 

脊柱管狭窄症とは、脊柱内の管が狭くなることですが、この管を広げるには、手術以外ありえません。

 

しかし、シビレや痛みは、腰椎の前弯が原因で起こっているケースも多々あります。

 

腰椎、つまり骨が前に出ているのは、骨がただ曲がっているということではありません。

 

骨のまわりには筋肉がついていて、大抵の場合、骨についている筋肉が骨を引っ張っています。

 

ですので、腰椎を前に引っ張っている筋肉をゆるめると、腰椎の前弯が緩和され、シビレや痛みの症状が軽減、もしくは消失する可能性があります。

 

これは、もちろんすべての方に当てはまることではありませんが、脊柱管狭窄症で手術が必要と医師に言われた方でも軽減することもあります。

 

 

病院で脊柱管狭窄症と診断された場合でも、症状が改善するケースが多々ありますので、脊柱管狭窄症でお悩みの方は、諦めることなく、お気軽に一度ご相談下さい。

 

============================

 

大阪市北区の慢性腰痛専門整体院「優希」

 

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10 サンハイム南森町607号

TEL: 080-8525-5010

URL: http://seitaiin-yuki.com/

↗ホームページ限定の初回割引がございます。

 

============================

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP